富士宮口ルート:山頂まで最短ルート

今回、7月と8月の2回とも挑戦したのがこの富士宮口ルートです。出発地点の富士宮口五合目は標高2,390メートルと富士山の中でも最も標高の高い五合目です。そして富士山頂まで最短距離で登れるルートです。 続きを読む


登山靴について

富士登山するのに一番重要な装備品といえば登山靴です。靴が足に合わなくて、靴擦れしたり、ブカブカでは登山できるどころか、まともに歩けません。

登山靴を新しく買う場合には、事前に充分履き込んで足にならしておきましょう。いきなり富士山で新品の登山靴を履くと足に合わなかった場合は最悪です。服のサイズやストックの長さが少々合わなくてもなんとかなりますが、登山靴が合わない場合、最悪歩けなくなります。

登山靴

富士山登山には、踝まで隠れるハイカットタイプを選びましょう。富士山はジャリや砂が多いため、靴にそれらが入りにくく、岩場でも登りやすいように足首を保護してくれるのがハイカットタイプです。

登山靴

登山ブーツの選び方

登山ブーツにはいろいろなデザインや素材のものがあります。どのようなタイプの靴がいいのかは、登山専門のお店で実際に試し履きをして選ぶのが一番いいでしょう。試し履きせずにネットで購入する場合は、交換ができるお店を選びましょう。

登山専門店では、登山熟練の店員さんがいますので、まずは富士山への登山に合う靴を相談しましょう。そして足のサイズを測ってもらい最適なサイズの靴を選んでもらいましょう。決して色やデザインだけで登山シューズを選ばないでください。

登山靴を購入してからは、登山に行く前に靴を足に慣らす意味でも履いて歩いておきましょう。


吉田口ルート:初心者に一番人気

富士山登山ルートの中で、初心者にもっとも人気の登山ルートが吉田口ルートです。登山口は標高2,305メートルの富士スバルライン五合目です。富士山の北側、山梨県側を登るルートです。富士山登山者の6割が利用する登山ルートで山小屋の数が一番多く、初心者にも安心して登りやすいかわりに、登山シーズンには混雑するルートです。

おすすめポイント

・登山口への交通アクセスがよく、初心者に人気のコース
・北東面に位置するため、山頂に登らなくてもご来光が見える
・山小屋の数が一番多く、休息、トイレなどに困らない

ウイークポイント

・夏のシーズン中は登山道が混雑しやすい
・歩行距離が長い(富士宮口ルートや須走口ルートよりも長い)