「 登山 」一覧

富士登山バスツアー出発から新五合目まで

関西地区から2泊3日の富士山登山バスツアーにいよいよ出発です。無事富士山頂への登頂成功とご来光を見ることができることを祈ってバスへ乗り込みます。

富士山

集合・出発は関西地区では、難波、梅田、新大阪だけではなく、和歌山、京都、神戸からも出発できます。(出発地によって少々金額がアップします)

富士山登山バスツアー新大阪
各地から集まってきたツアーバスが新大阪で集合しています。

まずは、難波のOCATの団体受付カウンターに22時10分に集合です。そこからシャトルバスで出発地の新大阪に向かいます。新大阪で富士五合目まで行くためのバスに乗り換えです。

富士山登山難波集合

新大阪では、申し込んだ3列シートバス、足元のびのびシートバス、スタンダードバスに分かれて乗り込みます。バスの荷物ゲートに登山用のザックとキャリーバックを入れて、必要なものだけを持ってバスに乗り込みます。そして事前に決まった座席に座って出発です。

富士山登山新大阪

シャトルバスが3列シートバスだったのですが、やっぱり広々ととしていましたが、その分料金は高くなります。おすすめは足元楽々のびのびシートバスです。

富士山登山足元らくらくシート富士山登山足元らくらくシート

シートとシートの間が50cmあるので、背の高い人も前のシートにヒザがあたることがありません。足を組むこともできて、窮屈な感じはしません。富士山五合目登山口まで9時間ほど乗りますが、足を伸ばしてゆっくり眠ることができるので体も痛くならずに済みます。体の小さな女性ならスタンダードバスでも大丈夫なんじゃないでしょうか。

ツアー出発

今回申し込んだ富士登山バスツアーは、大阪からだけでなく神戸や京都からも出発します。難波のOCATに夜10時10分に集合して10時20分に新大阪に向かい出発します。大阪の出発地は新大阪駅前の駐車場からなんで、難波やその他の地域からはシャトルバスで新大阪へ送ってくれます。

そこで申し込みのバスに分かれて乗り込みます。申し込みのバスとは、「3列シート」「のびにびシート」「標準シート」です。

そして3列シートバスのツアー料金が一番高く、順にツアー料金が安くなります。難波から新大阪に向かうシャトルバスは3列シートバスでした。やはり3列シートは左右に通路があって、隣の人と離れていて、前後の間隔も広いため、非常にくつろげるようになっていました。

自分は7月の富士登山ツアーは、「スタンダードシート」で申し込み、8月の富士登山ツアーでは「のびのびシート」で申し込みました。7月は満員でしたが、隣は嫁さんなので気兼ねなく座れました。8月は定員の半分ほどの人数だったため、隣のシートは空席で、2つのシートを一人で座れ、前後左右とものびのびして、かなりくつろげた車内でした。

8月も20日を過ぎると、お盆休みだった人たちも仕事モードに入り、学生たちも夏休みも終わりに近づくため、富士登山ツアー客が少なくなるようです。実際、登山中も山頂も混雑期が過ぎて、人も少なってなってきたと登山ガイドも言ってました。

そして、申し込みのバスに乗り込むときには、荷物はバスの下の荷物室に入れてもらえるので、座席には貴重品などの最低限必要なものだけ持ち込めばいいようになります。

新大阪からは次の停車地の京都を目指しますあ。夜間なので走行中はバスの室内灯は切られます。途中のトイレ休憩までゆっくりと眠り、翌日の登山に備えましょう。

バスの中は、夏場なのでエアコンが効いています。エアコン吹き出し口は閉じたり、風向を変えられますが、寒い場合がありますので、薄手のカーディガンなど、なにか羽織るものを持っていけば便利です。また足を寒いこともありますので、長ズボンなどの方が冷えなくていいでしょう。

富士川パーキング

富士山5合目の出発地までに、2-3回東名高速のパーキングエリアでトイレ休憩が入ります。止まるパーキングエリアはバスの運行状態などによって変わるようです。7月と8月のツアーでは違うパーキングでのトイレ休憩でした。また夜中のパーキングエリアなので、売店が閉まっている場合があります。夜食などなにか食べたい場合は、売店や食堂があいているパーキングエリアだといいですが、売店が閉まっている場合は、食べ物が手に入りませんので、最後の富士川パーキングエリアまでがまんしてください。

関西からの富士登山バスツアーでは、富士川パーキングエリアに必ず止まります。これは富士山5合目の登山出発地では着替えるところが無いからです。つまり5合目の出発地で登山の準備をするのではなく、富士川パーキングエリアが富士登山の準備をするところなんです。

富士川パーキングエリア
富士川パーキングエリアからは富士山はすぐそこです。

このパーキングで洗顔やトイレを済ませて、登山ウェアに着替えます。この準備が終わって富士山5合目まで向かうわけです。そして登山に不要なものはバスの荷室へ入れてしまいます。

富士山五合目出発地にバスが到着すれば、最終的な荷物の入れ替えのために30分程度は停車していますので、この間に登山に必要なモノと不要なものに分けることもできます。下山してからバスに乗るまでは、バスの中はそのままですでの、バスの座席にも荷物を置いておくこともできます。


登山1日目(新五合目で登山準備)

富士山登山バスツアーは、5合目から登山開始ですが、ここにバスが着いた時点で2,400メートル地点まで登ってきたことになります。富士宮口ルート5合目の登山口にある山小屋から見た富士山です。ここから見上げると頂上まで近くに見えますが、ここから後1,300メートルほど高い登ることなります。

富士山5合目

高山病は2,500メートルあたりから始まりますので、この5合目で薄い空気に順応するまでゆっくりと体を慣らします。五合目到着が8時過ぎですが、登山開始は10時半頃です。2時間ほど体を慣らして準備運動をしておく必要があります。

富士山五合目

富士山五合目山小屋
富士宮口ルートの新五合目レストハウスを下から見上げたところ。

富士山五合目
新五合目レストハウスの屋上で登山前の体ならし準備

富士山五合目
新五合目レストハウスのレストラン

ここから本日の仮眠場所の9.5合目の山小屋を目指します。登山の間は、途中の山小屋と20-30分おきにとる10分程度の休憩だけです。登山ガイドによると長い休憩は、逆に疲れてしまうため、10分程度休憩にするとのことでした。

富士宮口ルート五合目の山小屋は、食事ができたりお土産などが販売されています。登山用にペットボトルの水やジュースなどが自動販売機で売っていますが、1本400円ほどします。ここで買ったものを登山に持っていくくらいなら、途中のパーキングエリアで100円程度のペットボトル入りの水やポカリスェットなどを買っておく方がお得です。

登山中は高山病を防ぐ意味でもこまめな水分補給が必要です。自分の体力と相談して持てるだけの水を持って行きましょう。自分は500mlのペットボトル2本をザックに入れて登りました。9.5合目まではこの2本で足りましたが、そこから先は山小屋で販売している水を買いましたが、500mlの水が一本500円です。ペットボトルを沢山持っていくと高い水を買う必要がありませんが、ザックが重くなりますので、楽に登山しようと思えば、最低限の水だけにして、あとは買うほうがいいでしょう。

出発30分前頃になると登山ガイドや添乗員から登山中の注意事項と今後のスケジュールが説明されます。説明があるまでは各自で軽いストレッチを行っておく方がいいでしょう。

登山の準備
2回目のツアーの登山ガイドさんは女性2名でした。1名の方は登山ガイド見習い中で来年から正式に登山ガイドとして活躍されるようです。

登山中は、登山ガイドが先頭を歩き、一番後ろには添乗員が付きます。富士登山バスツアーの添乗員も富士山に何度も登っているベテランです。登山ガイド並みに1シーズンで何度もツアー客と一緒に登山するようです。

富士山5合目

登山ガイド付きの富士登山バスツアーに参加する人は、ほとんど登山未経験者か登山初心者が多いようです。登山ガイドが出発前の説明時に、みんなの登山経験などを確認します。7月に参加したツアーも8月に参加したツアーのどちらも富士山登山経験者は、2人づつでした。登山ガイドは、ツアーに参加した人たちの経験に合わせて歩くペースを合わせてくれます。登山になれた健脚の人と登山未経験者では歩くスピードや歩き方に違いがあるようです。

富士山五合目レストハウス

出発地点の五合目は晴れたり曇ったりでしたが、登山開始時には晴天となりました。まず、6合目の山小屋を目指して登山開始です。6合目までは斜面もゆるやかで歩きやすい登山道で距離も少なく20分程度で到着します。


登山1日目(新五合目から山小屋まで)

富士宮口ルートの山小屋は、次の地点にあり、一日目の登山では各地点の山小屋での休憩と、20分~30分おきの休憩をとりながら9.5合目の山小屋を目指します。

富士宮口ルート

合目
山小屋
標高
新5合目
5合目レストセンター
2,400メートル
6合目
雲海荘、宝永山荘
2,490メートル
新7合目
ご来光館
2.780メートル
元祖7合目
山口山荘
3,010メートル
8合目
池田館
3,250メートル
9合目
万年雪山荘
3,460メートル
9合5勺
胸突山荘
3,590メートル


5合目から6合目

富士宮口5合目の登山開始から6合目までは、ゆるやかな登山道で歩きやすく、距離も近いためすぐに6合目山小屋まで到着しました。登山初心者の人でも息も上がらず疲れもなく登れます。

富士山5合目登山開始

しかし、ここから本格的な登山道となり急斜面も所々あって、日頃運動をしていない人ならしんどいと思います。登山道は小さな石やじゃりでかなり歩きにくくなります。富士宮口ルートは登山道も下山道も同じルートを通ります。登山中はすでにご来光をみて下山してきた人たちとすれ違います。下山する人たちとすれ違う時には「こんにちは」とか「おはようございます」など声を掛け合います。

富士山6合目山小屋

6合目から新七合目

6合目までとは違い、岩や小石やジャリに足が取られて歩きにくくなってきます。くるぶしまでカバーする登山靴でないとジャリが入ってくるので、やはり登山用のシューズは必須だというのが分かります。

富士山6合目

登りはいいですが、くだりは足の裏に衝撃がかなりありますので、靴底が薄い登山靴は運動用の中敷きをしくなどすると足の負担が減ります。自分は一回目の富士山登山から帰ってきて足の裏が非常に痛かったので、2回目の時にはスポーツ用の中敷きを登山靴に敷いていきました。まったく足の疲れが違うことに驚かされました。

富士山6合目

富士山6合目

富士山6合目

富士山6合目山小屋

新七合目から元祖七合目

新七合目の山小屋まで到着すると、次は八合目かと思いきや、元祖七合目の山小屋を目指すことになります。なんだか損した気分になるのは、疲れがかなりでてきた証拠かも知れません。

富士山7合目

このあたりから、森林限界ということで草や木がなくなってきます。岩とジャリだけの登山道となります。また、風も強くなることが多くなります。風に舞い上がった砂ぼこりで目や鼻がジャリジャリになることがありますので、砂ぼこりがひどい場合のためにマスクや口元をふさぐタオルなどがあれば便利です。

富士山7合目
富士山の森林限界は、年々上昇しているようです。地球温暖化の影響なんでしょうか。現在は3,000メートル以上にもオンタデという植物が生えているようです。

富士山7合目

富士山7合目

富士山7合目

元祖七合目から八合目

富士宮口ルートで一番きつい所が七合目から八合目にかけてだと思います。大きな岩ところがった石で、せまく急斜面の登山道は、下山者とすれ違えない場面も多く混雑している時は、長い間待たされます。

富士山8合目

登山出発からかなりの時間登ってきたので、このあたりからペースを落とす人もでてきます。せまく急斜面のところで足を滑らせると大けがしますので充分注意が必要です。また元祖七合目から上は3,000メートル以上となりますので高山病に注意してこまめに水を取って呼吸を大きくするようにします。

富士山8合目

富士山8合目

富士山8合目

八合目から九合目

富士山の八合目から上は、浅間神社奥宮の敷地です。つまり神社の境内を登山するわけです。八合目を少し上がると浅間神社の鳥居が見えてきます。

富士山9合目浅間神社

鳥居の周りや鳥居の柱のスキマにはお賽銭がイッパイです。鳥居をくぐる時にお賽銭をおきたい人は、小銭を用意しておきましょう。そして九合目に近づくにつれて山頂が見えてきます。晴れていると雲海が非常に低いところにあって、かなり高いところまで登ってきたのが分かります。

富士山9合目

富士山9合目

富士山鳥居

富士山9合目

九合目から九合五勺目

富士登山バスツアーの一日目の仮眠場所は、九合目の万年雪山山荘か、九合五勺目の胸突山荘のどちらかになります。これは山小屋の込み具合によってどちらかになるわけです。

富士山万年雪

今回参加した富士山登山ツアーは2回とも九合五勺目の胸突山荘でした。明日朝のご来光目指して出発するまでここで、夕食と仮眠をとることになります。

富士山胸突山荘

富士山9.5合目

影富士

2泊3日コースの富士山登山ツアーでは、夕方に九合目から九合五勺目の山小屋に到着です。この時間晴れていて雲海が広がっていれば、このように影富士を見ることができます。


登山1日目(山小屋で仮眠)

ツアーに申し込んでいると山小屋での仮眠は約束されています。ツアー客以外で仮眠は混雑具合によって断られることもあるようです。富士宮口ルートを使った登山ツアーでは、九合目か九合五勺目の山小屋で仮眠します。今回は九合五勺目の胸突山荘でした。翌日の登頂までの距離が短いので九合五勺目での仮眠はラッキーでした。

富士山山頂
九合五勺目の胸突山荘から山頂を見たところ。

山小屋によって仮眠する寝具は違い、布団または寝袋になります。九合五勺目の胸突山荘は寝袋でした。寝袋の場合一人にひとつ貸してくれます。布団での場合、混雑した時にはひとつの布団で2人~3人で寝ることになるようです。寝袋でよかったですが、前後左右は隙間なく詰められていますので寝返りするのはがまんしないといけません。

富士山仮眠

夕食

これも山小屋によって違うようですが、この胸突山荘の夕食はカレーライスでした。聞くといつもカレーライスのようです。山小屋では水が貴重品なので基本的に食器を洗うことをしません。毎日多くの登山客が宿泊する山小屋で食器を洗うだけの水がないのです。そのためカレーライスは使い捨て容器のトレイに入ってでてきます。カレーライスの量は男性だと少なめです。ゴハンの量はおにぎり1つ分程度です。また温かいお茶も一緒に付いてきますが、紙コップ1杯だけです。(お茶のおかわりができるかは聞いていません)

少なめのカレーライスでがまんできない人は、山小屋でもカップラーメンやうどんなど販売されていますが、一杯800円からするようです。大食漢の人は、カロリーメイト、ソイジョイ、一本満足バーなどの軽くてかさばらないい栄養食を持っていけばいいんじゃないでしょうか。

洗顔、歯磨き

就寝時の洗顔や歯磨きを習慣にしている人は、少し気持ち悪いかもしれませんが、山小屋では洗顔などのための水が使えません。そのためどうしても洗顔したい人は、顔拭きシートなどを持参することです。うがいや歯磨きもできません。がまんするかペットボトルの水でうがいしてください。歯磨きは下山してからできますので、それまでがまんします。

仮眠

夕食後、8時には消灯です。起床は午前3時で、山頂へ向けての出発は3時半です。30分でトイレを済ませ身支度を整えます。ツアー客以外の人も同じ部屋で眠っていることもありますので、照明がないこともあります。そのため就寝する前にできるかぎり荷物の整理や準備は済ませていく方がいいでしょう。ツアー客で山小屋が混んでいる場合、同じような時間に出発となるため、トイレなども混雑します。できれば決められた起床時間より早めにおきて準備した方がいいでしょう。

山小屋は1つ部屋でたくさんの人が仮眠するところです。就寝は寝たもの勝ちです。いびきや歯ぎしりや荷物を整理する人でうるさい場合がありますので、さっさと寝てしまえば体も楽になり、翌日の登山がスムースに行えます。

また、就寝前に夜空をみれば晴天の時には月が大きくきれいに見えることもあります。下界の入道雲のかみなりの稲光がきれいに見えることもあります。都会では見れない夜空や夜景は見る価値大の経験です。

そして、午前3時になると山小屋の人が起こしにきてくれます。同じ部屋の中でツアー以外の人がいる場合、照明は付きませんが、同じツアー客だけの場合、照明を付けてくれます。

※仮眠する時の注意点
真夏でも九合五勺目の山小屋付近は万年雪が残るほど寒く、防寒着を着こんで寝ないと寒くて眠れません。寝袋といってもかなり薄く、ペラペラなので靴下を履いて、温かくして入らないと我慢できませんでした。また運悪く、ドアの近くに当たるとスキマ風が入ってよけい寒く感じます。

部屋の中は照明がついても暗いので、部屋の清潔具合は分かりませんが、外の砂ぼこりが人に付いて入ってるようで、ホコリっぽい気がしました。花粉症の人やほこりに弱い人は鼻水や涙が出やすいようです。自分も一緒のツアーの人の何人かも鼻水がでて止まりませんでした。そこで2回目の登山の時はマスクをして寝りました。そうするだけで鼻水もでなくなり快適に眠れました。

※高山病は眠っている時にも呼吸が浅くなりかかりやすくなるそうです。マスクをすることで呼吸が浅くなり高山病のリスクも増えるのでその点は注意しましょう。

富士山夕暮れ
そして、明朝いよいよ出発です。


登山2日目(富士山頂と剣ヶ峰)

山小屋を出発は、午前3時半頃です。まわりは真っ暗なのでライトを頭に付けての登山になります。山小屋の前は、宿泊以外の登山途中の登山者でいっぱいです。

富士山山頂

ご来光を目指して山頂に集まってくるので、ここから山頂までは非常に混雑しています。登山道は渋滞しているのでかなりのゆっくりペースでの登山になるため、山頂までは1時間ほどかかりました。また山頂はご来光を見る人たちで大混雑しています。

富士宮口ルートの山頂に浅間神社がありますが、そこが日本最高地点ではありません。3,776メートルの日本最高地点は山頂から20分ほど登った剣ヶ峰にあります。山頂から剣ヶ峰の登山道はジャリになっていて、そのジャリに足を取られて歩きにく、非常に疲れます。剣ヶ峰の山頂はかなり狭くて、ご来光に時間帯は登山客で非常に混雑していることが多いようです。

富士山山頂
富士宮口ルートの山頂の浅間神社奥宮の鳥居へ到着です。

富士宮口ルートの山頂から歩いて20分ほどで、剣ヶ峰です。剣ヶ峰山頂も狭いのでご来光を見る人たちでいっぱいですが、この日は天候も悪かったので空いていました。

富士山剣ヶ峰
日の出前なので暗くて剣ヶ峰の石碑も何が書いてあるのか分からない写真です。

富士山剣ヶ峰
剣ヶ峰の一番高い岩の部分が日本最高峰3,776メートル地点です。このお金がおいてあるところが日本最高峰地点です。

当日の山頂は天候が悪く、ご来光どころは富士山の火口も見えませんでした。そのため登山客も少なくてよかったのですが、日本最高地点から見える風景の写真が撮れませんでした。

富士山剣ヶ峰

富士山浅間神社奥宮

富士山山頂郵便局

浅間神社へのお参りや山頂郵便局での郵便物などがある人は、早い目に済ませておかないと人でご来光直後は人でいっぱいになります。記念にハガキを出したい人は、事前にハガキを書いておく方がポストに投函するだけなので楽ですよ。