帰りは温泉&昼食バイキングで堪能

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

富士山山頂を出発して約4時間ほど9時半前には富士宮口五合目の山小屋に到着です。

富士山バスツアー

バスの出発が10時なのでその間トイレや身支度する時間があります。汗をかいたシャツなどは、このあと行く温泉で着替えるますので、それまでは着替えなど少しがまんすることになります。この後ここを出発すると荷物は大阪まで出せません。、登山道具はしまい込んで、着替えや入浴に必要なものだけをバスの中に持ち込んで、その他の荷物はバスの荷物入れにしまいます。温泉についたらすぐに入浴できるように着替えやタオルなどをまとめておくと便利です。

入浴及び昼食施設は、石和温泉郷の「ホテル慶山」又は「ホテル甲斐路」を利用いたします。
◎フェイスタオル付(※バスタオルレンタルは有料1枚300円) ドライヤー・シャンプー・石鹸は浴場に完備しています。
◎昼食をグレードアップできます。個室にて特別料理に変更/追加料金おひとり様3,000円(事前予約・事前支払い)

富士宮口五合目をバスで出発すると、山梨県の石和温泉まで約2時間ほど走ります。そこのホテル慶山 http://www.jalan.net/yad360072/ で入浴&昼食となります。

温泉

湯音も心癒される岩大露天風呂「六花仙」

ホテル慶山の温泉は広くて快適です。源泉かけ流しの広々とした大浴場、岩・桧の露天風呂もあってゆっくりとできます。バスから降りてホテルに入るとタオルが無料でもらえます。ホテルの温泉なのでシャンプー、リンス、ボディソープなども用意されています。洗面台にはヒゲソリ、化粧品、ドライヤーなどもあるので、バスタオル以外用意していく必要はありませんでした。バスタオルは持って行くか、有料(300円)でも借りられます。荷物はバスにっぱい積めるのでバスタオルは持っていきました。

脱衣場も広く、日中の入浴なので富士登山ツアー客以外は少なくて、男風呂は混んでいませんでしたので、ゆったりと温泉に浸かることができました。

バイキング料理

和洋中のバイキング

バイキング料理といってもツアーの料理なのでたいしたことないだろうと思っていましたが、料理も豊富でおいしかったです。金額的にはあまり高価な料理はありませんでしたが、和洋中いろいろな料理が揃っていて、飲み物やデザートも豊富にあり、満腹になるまで食べられました。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

[ スポンサーリンク ]




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする